子どもたちが開発した「とうふ入りの食パン」が耳まで柔らかすぎると話題に!

Pocket

Kids Creation TSUKUBA×ぷーぱんのコラボ

おーっす!コムです!

めっちゃ暑すぎてこんな恰好で街をうろついていたらタイ人らしき人にสวัสดีと話しかけられました。何て言い返せばいいの?ขอขอบคุณ??

 

さて、そんなアジアンエピソードはさておき、今回のクエストではつくば市さくらの森(テクノパーク桜のまるもの近く)に今年2019年の5月にオープンしたばかりのパン屋さんぷーぱんさんに来ております。(つくばライフにあこがれて。さんにもお店の詳細レポが!)

この辺りは最近どんどこ開発が進み、新しい住宅地として生まれ変わろうとしている地区なのですが、早くもつくばらしくパン屋さんがオープンしましたね。

「ぷ」の文字がモチーフのパンダの後ろ姿ロゴが可愛らしく、お店の造りも自然いっぱいで開放的。人気が広がっている最中の素敵なお店なのですが、その人気の秘密はパンだけではありません…!

なんとぷーぱんさんで先進的な取り組みが行われているようなのです。

 

おや!ご近所、桜にあるインターナショナルスクールのKidsCreationTSUKUBAさんのバスが来ていますね。

先生が子どもたちと一緒にパンを買いにやってきたのでしょうか?誰もがそう思うことでしょう。

 

しかしなんと今このパン屋さんの中では想像だにしない光景が繰り広げられていたのです!!

それこそが気になる先進的な取り組みでした。話はこの日だけでは説明できないので、お店に入る前に説明いたしましょう。

 

子どもたちが製品開発した「こども食パン」

時は同年5月下旬にさかのぼります。

KidsCreationTSUKUBAさんといえばコチラの記事で紹介したとおり、子どもたちの柔軟な発想力と行動力が英語をベースに培われていて、

クラウドファンディングで資金を調達し夢のような秘密基地を完成させたり、YouTubeでニュースを配信したり、鬼ごっこでコムを包囲し完封したりととってもバイタリティ溢れる活動をしていることで有名ですが…

スライドショーには JavaScript が必要です。

その活動の域は園内にとどまらず、なんと商品開発まで始めていましたー!!どういうこと?!?!

これはKidsCreationTSUKUBAの中でも小学生を対象としたアフタースクール(学童)プログラムに含まれている「探究プログラム」で行われている取り組みだったんです!

英語能力の習得だけでなく、社会経験を通して子どもたちの道を切り拓く力を育てているんです!

 

その一環でぷーぱんさん協力の元、子どもたちが主体となって商品開発をし実際に販売まで行うというすごすぎることが実現しています!!

それもパンの作り方から広告宣伝のやり方、さらにはこどものお金の学校の講師からマーケティングについてまで学んだうえで販売を進めているなんて、本格的すぎる!!

自分なんて放課後は毎日ポケモンかベイブレードしかしてなかったのに…()

 

子どもたちの発案で「パンの耳が嫌いな子どもでも美味しく食べられる食パン」づくりのアイデアを出し合った結果、彼らならではの斬新な方法でこの点をクリアしたそうです。一見何の変哲もない生地に見えますが、ここにはたくさんの努力が詰まっています。

 

開発はもちろん、試行錯誤の繰り返し。納得のいく食パンに仕上がるまで妥協せず調整!

まさに道を切り拓く力ですよね。ここまでのことがこの年齢でできたら、みんな将来何をやってもうまくいきそうな気がする!

 

生地は丸めて型に入れてからさらに30分寝かせます。

実際の制作工程はぷーぱんさんにお願いし、商品として完成させてもらうんです。子どもたちはどんなパンにすればヒットするかを一生懸命考えました!

 

その結果生まれた「こども食パン」。一体どんな食パンなんでしょうか。

焼き上がりがとても楽しみです…!!!

 

そして8/29には子どもたちが自ら店頭で食パンの販売を行うビッグイベントがあったので、せっかくなら子どもたちから直接買いたいなとぷーぱんさんにやってきたというわけであります。

ぷーぱんでの店頭販売に行ってきました!

 

ぷーぱん看板下にはwith KidsCreationの張り紙が!

KidsCreationTSUKUBAのバスが停まっていたのは子どもたちが店頭販売しに来ていたからだったんですね。

 

おお、やってるやってる!

みんなコック帽をつけて様になってますね。

 

「いらっしゃいませぇーーーー!!」と元気いっぱいに迎え入れてくれました。

みんな5月から企画を続け、今日は待ちに待った販売の日。一つの目標達成の瞬間なので、緊張もしている模様ですが目がキラキラしています。

 

宣伝も学んで告知した甲斐があったようで、11:00からの店頭販売が始まってからお客さんがどんどんやってきます。

客層が若い!()

ちょっと遠くからチャリを走らせ買いに来てくれたみんな。友人が食パンを販売すると聞きつけ水筒を携えてやってきたんです。なんて良い奴!

 

そのころ店内は大忙し!

注文を取ってお盆に乗せ、隣の仲間にパスしていく!シミュレーションで流れは練習したけど、実際にお客さんを目の前にすると緊張感が走ります。

それでもみんなで連携してうまく役割分担して対応。これぞチームやな

 

ってことで自分もいくつか購入しました!

 

 

「おお!結構種類があるんだな!どれにしよう…!」

 

こども食パンは全部で7種類もありました。プレーン(¥180)、チョコレート・キャラメル・にんじん・レモン・ブラックベリー・ごはん(各種¥200)と圧倒的な充実!こんなに開発したの?!すげーー!

このパンの説明文も子どもたちが考えたそうですよ。

プレーン(180円)

こども食パンで「Let`s 昼ごパン‼」

シンプルな味だから色々なおかずによく合います。

耳までとってもやわらかくて、もっちりした食感がたまりません。

Let`s 昼ごパン!なんてかわいらしいコピーなんでしょうか。さすがはKidsCreationTSUKUBAの子どもたち!

 

せっかくなのでおすすめを何種類か聞いて手に入れました。

レジ打ち、会計から袋詰めと最初から最後まですべて子どもたちがやってくれました。みんなほんとに小学生?!

 

ではでは、ゲットしたばかりの子ども食パン、早速いただきます。

「こども食パン」の耳が柔らかすぎる!

 

手に入れたのはプレーン、チョコレート、キャラメル、ブラックベリーです。本当はごはん味のパンも気になったけど、光の速さで完売していたので間に合いませんでした(笑)

それでもおすすめの味を手に入れられたので満足!

 

パンがもっちもち。今回のパン作りのコンセプトの「パンの耳が嫌いな子どもでも食べられる食パン」にするために、なんととうふを生地に練り込んで耳を柔らかくすることに成功したそう!なんというアイデア!!

しかも本当に耳まで柔らかいから驚き。

ふわっふわでいい香りがします。コロッとしていてかわいらしいサイズ感もいいですね!値段もお手頃だし、クオリティが高い!

 

ペロっと一個食べきってしまいました(笑)子どもでも食べきれるようにこのサイズになっているんだとか。確かにこれなら耳が嫌いな子どもでも美味しく完食するでしょうね!

「KidsCreationTSUKUBA×ぷーぱん×こどものお金の学校」の方程式が生んだ「こども食パン」。

なんだかこの背景にあるみんなの努力を考えるとすごく深い味わいを感じます。

 

今後の展望・読者の皆さまへ!

店頭販売は今のところこの日だけでしたが、「こども食パン」はこれからも手に入るの?どの味がおすすめ?など気になってきたので子どもたちに直接聞いてきましたー!

 

 

「めっちゃ美味しかったけど、これからも『こども食パン』は手に入るの…?期間限定なのかな?」

 

 

「『こども食パン』はこれからもぷーぱんさんでレギュラー商品として販売します!僕たちはこれからもヒット商品を作って売り上げを上げていきたいです!」

替わりで2〜3種類ずつ店頭に並びます。どの種類かはお楽しみ!(もしかしたらぷーぱんFacebookページにて告知があるかも?)

 

 

「レギュラー?!じゃあいつでも手に入るのか!やったぜ。ちなみにおすすめはどの味?」

ぷーぱんさんは金・土・日が営業日なので、【週末はぷーぱん】と覚えておこう!

 

 

「おすすめはチョコレートかキャラメルです!あとブラックベリーもみんなが好きな味です!」

 

 

「確かに美味しそう!!何とかそれは手に入れたぜ!!気になるごはん味はもうなかったけど(笑)また来ます!では最後にこれから買いに来る人にヒトコトお願いします

こども食パンは午前中に売り切れることが多いそう。その日は売り切れ次第終了なので、早めに行きましょう!(営業時間は10時から)

 

 

 

「たくさん買ってください!!!」

 

 

「ありがとうございましたーー!!!」

 

さいごに

つくばで英会話だけでなく社会経験を通してこれからの人生を切り拓く力も学んでいるKidsCreationTSUKUBAの子どもたちと、さくらの森で5月から営業を開始したぷーぱんさん、子どもたちに経営・マーケティングを教えるこどものお金の学校さん、みんなの集大成が形になった「こども食パン」をぜひみなさんも食べてみてください!

 

つくばのアフタースクールの小学生が街のパン屋さんで店頭販売してるなんて、つくばはやっぱ最高な街ですね(*’▽’)!!

これからのKidsCreationTSUKUBAさんの取り組みにも注目です。

 

食パンでおなか一杯になったので、子どもたちにならってお昼寝をしてこようと思います(¦3ꇤ[▓▓]

それではまたジカイ!

 

追記:こども食パンごはん味も食べてきた!!←超オススメ

 

後日、光の速さで完売してしまったため食べることが出来なかった「こども食パンごはん味」をあきらめきれず、虎視眈々とパンダのおしりを狙ってごはん味販売のタイミングをうかがっていました。

そしてようやく週に数種類ずつ作られる7種のこども食パンからごはん味を引き当てることに成功!!

ごはん味のパン??って頭の中が炭水化物で満たされて混乱しそうなところですが、これは紹介するほかなかったので追記にてご紹介いたします。

 

…と、こどもたちの店頭販売日ではなく、ぷーぱんさんの一般営業についにお邪魔することができたのですが、

スライドショーには JavaScript が必要です。

普通にすさまじい品ぞろえ。どれもこれもグッとくるようなラインナップで「ここ(右端)からここ(左端)まで」という夢のセリフを言いそうになりましたが、気持ちとは裏腹にたんぽぽの綿毛のような軽さの財布を見て現実に帰ったので、お店のご夫婦のオススメを一つずつ紹介することにします!(笑)

 

どれもオススメだけど強いて言うならコレは食べて!!とお二人のオススメは満点の笑顔でチョイスしてくれましたー!

まずはそちらから食べてみます!

 

ホワイトチョコとマカダミアナッツ(¥300/税込)

やや大ぶりのこちらは、表面が少し硬めにこんがり焼きあがっていて、いい香り!

中からは甘いホワイトチョコの香りとコロコロナッツが。外は硬めだけど中はエアリーでふわふわです!味も具が多すぎず、パンの風味を楽しめる絶妙な加減なので、ぷーぱん力作と呼ぶのにふさわしいパンですね!

 

ガーリックフランス(¥180/税込)

お次のオススメはこちら。フランスパンだけどミニサイズで、ニンニクがよく効いています。オイルのしっとり感とパンのサクサク感、そして手ごろなサイズで持ちながら気軽に食べられるので、やみつきになります。

 

さて、そしてこども食パンごはん味!こちらは生地に豆腐を用いただけでなく、子どもたちの「赤ちゃんでもごはん味なら食べられるのではないか」というアイデアをもとに、実際に炊いたお米をすりつぶして生地に混ぜたことにより

ただでさえ豆腐パワーでモチモチなのにさらにモッッッチモチになっております。一般的に知られる米粉パンとは違い、炊いたお米を用いることがここまでのモチモチを引き出すための業なんだそう。その分手間暇がかかりますが、ここまで柔らかければ確かに赤ちゃんでも美味しく食べられそうですね。

 

子どもたちがさらに次の世代の子のことを既にマーケティングし、商品を開発しているとは。しかも食べてもお米の味はせず、むしろパンの味わいを引き立てていて驚かされました。ごはん味の食パンなんて、大人では考えつかなさそうですよね。あっぱれ!!

 

 

というわけで、みなさんもお店に行ったらぷーぱんさんのオススメやこども食パンごはん味も狙ってみてはいかがでしょうか!

ぷーぱんさんの詳細情報!

営業時間10:00~17:00
営業日金・土・日
場所
ホームページ

 

Kids Creation Tsukubaの過去記事はこちら!

(画像クリックで過去記事へ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です