【2/23(+α)まで!】azumiで年に一度の人気イベント「深田容子陶展」が開催中!

Pocket

azumiで開催中!深田容子陶展にログイン!

 

おーっす!コムとあぼです!

今回のクエストではつくば市春日にある自然素材を使ったぬくもりある陶器と雑貨のお店azumiさんにて、とあるイベントが開催中とのことでログインしてきましたー!

ちなみに情報源はつくば市神郡の手作り焼菓子のお店ハシバミさんより…。

いつも勝手に参考にしております(笑)

 

ハシバミさん(通称バミさん)からの情報は市民として有力なものが多いので、みなさんも参考にしてみてください!ツイッターって大切!

 

そしてazumi(クリックで大使記事に飛びます)さんは、つくば市春日の3丁目のローソンのすぐ近くにあるお店です。

イベント開催中につき、外から見ても一撃でわかる紙が貼られています(笑)

 

 

そのイベントとは「深田容子陶展」。

作家である深田容子さんの陶器が展示・販売されており、店内にはばぁーーっと作品が並んでおります。

 

azumiはこんなお店!

 

azumiさんではこのように様々な作者さんの作品が展示・販売されており、自分の好みに合った作者さんを探したり、その人の新しい作品を手に入れるのに良い場所。

作家さんによってテイストがぜんぜん異なる。普通に展示として見に来ても面白いです。

さらには「陶器が気になるけどどんな感じなのかあんまり分かってない←」みたいな方にもとても入りやすいカジュアルなお店です。

 

陶器に限らず、こんな作品も。プレゼントにもかなり向いてますよね!

一つ一つ心のこもった作品には、どこか惹かれる魅力があります。

 

このようなかわいい置物や、子供が遊べる木のおもちゃ。ちょっと家の棚の上に一ついい作品を置きたいななんて時にも、azumiに探しに来るといいかもしれません。

 

年に一度!深田容子陶展にログイン!

 

さて!

そんなazumiさんにて、行われている深田容子陶展。これは作家である深田容子さんが手掛けた陶器の数々がいつもよりかなり多く展示・販売されているというイベントで、今年でなんと11回目(多分)を迎えたそう!

かなり昔からやられているんですね!

 

店内の真ん中の大テーブルにはズラリと作品が並んでおります。

平皿から湯飲み、小ぶりの鍋、急須などなど。

どれも色合いや形、照り方などが異なり、まさに手作りの作品ならではの個性が発揮されております。

 

中でも釉薬(ゆうやく)といううわぐすりの中でもマットなものだと、長年使っていくうちに徐々にしっとりとした質感に変わってくるそう。

このことを「育つ」と言います。へー!

 

例) 「この器が育つのが楽しみ」「陶器の育ちが良い」「育てて魅力が増す器」

 

…と業界用語を乱用して並んだ陶器を眺めていたのですが、中でも特に目を引いたのはこの土鍋

土鍋を陶器としてみたのは初めてです!

寒いこの季節、鍋なんかやるのにはとっても良さそう。

他にもお米を炊いたりするのにも使える模様で、これで炊いたお米はやはり格別なんですってー!

 

落ち着いた色合いとシンプルな造りの中に、深田容子さんの個性が表れていて、

陶器好きの間では一目で「深田さんの作品だ!」とわかる。そんな代物だそうです!

 

「この土鍋、質感が自然で、なんていうのかな、身体にとてもなじむ…!素材の良さを引き出すのはもちろんのこと、その中にただの土鍋とは一線を画する言葉にできない魅力を感じる…!」

ちょいと値段は張りますが、その分このお鍋にしか出せない雰囲気や味があることからこの個展は毎年ファンが集う大人気イベントで、小さな土鍋は特にすぐ売れてしまうとのこと。

一度使ったら止まらない深田容子さんの陶器は、料理をする主婦層の方などには一層響くものがあるんですね。

なんでも、県外からも深田容子さんの作品を手に入れるために多くの方がやってくるほど。すごい人気!

 

「これでこんな食材を入れてこんな料理を入れたら合いそうだなぁ」と考えながら器を見ているとワクワクしてきますよね!

 

コムはこちらの平皿がお気に入り。

主張の強くないデザインで、料理の良さを引き立てること間違いなしの立派なお皿。

お値段は7344円です。贈り物にもとても喜ばれそうですね!

 

あぼはこちらの少し深いお皿がお気に入り。

今でこそ青系や赤系の色の作品もありますが、数年前までは白・ベージュ・グレー・黒といったおとなしい色合いの作品がメインでした。

このお皿も昔からの作品のスタイルを受け継ぐ色合いです。

 

「・・・これに麻婆豆腐を・・・」

これが食器の陶器を見るときの楽しみ方の一つ。

コムのセンスで見てもどれも「やきそばを乗せたい」で考えてしまいますが、実際それでもどんなお皿に乗せるかによって味も変わるはず

家の雰囲気や食卓、そして料理を考えて器を選んでいると深田さんの作品には一貫した安定感もあります。

耐熱性があるミニ土鍋やお皿はそのままレンジにも入れられるので、実用的にも良いですしね!

 

正直、深田容子さんの作品の魅力を全然分かりきれていない感も、言葉で伝えきれていない感もありますが、興味がある人はマジで見に来てみてください

ファンが多いから良いわけではないけれど、ファンが多いってことはそうなるだけの魅力を持っていることもまた事実。

なんかいい感じ!の先にある本当にいいもの!と雰囲気でもわかる部分は(かろうじて)感じられるので見ていてとても心地よきです。

 

 

ちなみに今日はハシバミさんの焼菓子も売られておりました。月に一度、第3水曜日ならではのスッペシャルイベント!

こちらもまた知る人ぞ知る名店だったのが最近口コミなどで一気に広がり、なんならすぐに売り切れで手に入らないことも多々あるようになってきたお店です。

イベントと被った今日ならではのラッキーハッピーでしたが、この辺に住んでいる方には月に一度のチャンスなので合わせて覚えておきましょ。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今年のチャンスはもう残り数日ですが、一部深田容子さんの作品は通年で店頭にも置かれているので手には入ります。

もちろん他の作家さんの個性的で素敵な作品も多く見ることができるので、興味のある方はぜひ見に来てみてください(*^^)v

 

素敵な家ご飯の毎日が待っておりますよ(*’▽’)

 

それではまたジカイ!

 

azumiさんの詳細情報!

営業時間11:00~17:00
定休日日・月
場所
ホームページazumi

2 件のコメント

    • azumiさん!!
      わざわざコメントありがとうございます!!

      こんな陶器のとの字も分かっていない素人にも分かりやすく魅力を教えてくださり本当にありがとうございました!!
      おかげさまで陶器の面白さが自分なりにちょっとわかった気がします。
      また遊びに行ったときは陶器のことまた教えてやってください(*^^)v

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です