京都伏見からやってきた、”酒粕うどん”がこの季節にまじで最高だった。

初挑戦
Pocket

行列のできる話題のうどん屋”やまびこ弁天”さんにログインー!

 

つくばの田舎風景

無限に広がる田舎の風景。

つくば市西大沼(手代木のハナマサのすぐそば)に最近人気のお店があると聞いてやってきたけど、畑ばかり。

この辺りって聞いたんだけどなぁ~…どこだろ?

 

 

畑にたたずむうどん屋

あれ?もしかしてあれ?!

畑の真ん中を突っ切っていったところに…何かある!!

408号からもちょっと見えてて気になってたあの建物がもしかして噂のお店だったのか!

 

 

やまびこ弁天にログイン

おーっす!コムとあぼです。

というわけで噂の人気うどん屋さん、発見しました。

その名も「やまびこ弁天」さん。

立地がものすごくワイルドだったので、まさかここに行列店があるなんて驚きました。

 

やまびこ弁天@つくば

「やまびこ弁天」さんは、京都伏見にある老舗「やまびこ伏見店」の姉妹店。

こちらの店主さんの出身こそがやまびこ伏見店であり、それがきっかけとなり京都うどんがつくばにやってきたというわけです。

つまりマジで京都の本格派!

つくばにいながら、そんなうどんが楽しめる。行列ができるわけですね。

 

ちなみに弁天という名前は、この土地に立っている弁天様の祠にあやかって名付けられました!

 

やまびこ弁天駐車場

駐車場はお店の横に広々と。

およそ20台ほど停められます。

 

やまびこ弁天駐輪場

さらには駐輪スペースも!

サイクリストの多いつくばではうれしい設備です。

山までサイクリングの時でもうどんを食べに来られますねー!

 

やまびこ弁天待合所

そして外にはタープが。

そう、これはなんと…

 

店外で並ぶときはこのように

行列の絶えないお店だからこそ、外で待つことになってしまうこともあります。

そんな時になるべく寒くなく待てるように設置されているんですね~!

いかに弁天さんが人気なのかがうかがえるかと思います。

気づかいも素敵ですね(^^)/

 

さぁ、それでは店内へログインしてみましょう!

 

目の前でうどんを切ってるカウンターが目も耳も楽しい!

 

弁天つくば店内

店内には4人席テーブル×4・カウンター×6・4人席座敷×5があり、家族や高齢のお客さんもいます!

一軒家で屋根が高く、壁も木が柔らかく暖かい雰囲気づくりに一役買っています。ナチュラル、イイネ!

 

やまびこ弁天カウンター

立派なカウンターはこんな感じ。

2018/04/07にオープンしたやまびこ弁天さん、新しくきれいな雰囲気はが保たれています。

 

弁天つくば店内

お座敷はこんな感じ。

子ども用のイスもあり、家族連れでも来られる親切なお店。

うどんは小さい子にとっても美味しくて食べやすい料理ですもんね~(^^♪

 

注文のたびにうどんを切る

毎回注文のたびにコンコンコンと麺を切ってゆく店主の入江恭平さん。

京都伏見の「やまびこ伏見店」で修行し培った伝統の技がカウンター越しに見られ、わくわく。

国産小麦を一からブレンド・熟成させ手がけたこだわりのうどん生地を細めに切り上げていきます。

 

ちなみにこちらが「やまびこ伏見店」。

開店23年目を迎えた老舗です。

ここからつくばにやってきたんですね~!!( *´艸`)

 

冬におすすめのつくばグルメ。細麺のうどんが沁みるゼ…!!

 

鍋焼きうどん

鍋焼きうどん¥700

ついにきたー!もう見るだけで幸せな気持ちでいっぱいになる鍋焼きうどんーー!

天ぷら・鶏肉・卵・九条ネギ・のり・かまぼこが乗り、贅沢感あふれるおうどん。

鍋で、ってのもまた雰囲気が出てたまりませんんんん!

 

うどんとキリン

あまりに完成された”鍋焼きうどん”に、しばらく見とれておりました。

京風の優しいおだしに、モチモチの細麺がよく合います。

丸亀製麺とかのような太い麺とは全く違う、細麺ならではの食べやすさ・優しいだしとの調和もやまびこ弁天さんの伝統技なのでしょう。

 

酒粕うどん¥750

こちらは看板メニュー“酒粕うどん”

京都伏見にある日本酒の酒蔵、月桂冠。こちらから取り寄せた酒粕を使用した逸品。

伏見店でも昔から愛されているメニューで、トッピングには九条ネギなどこだわりぬいた野菜が乗っている。

甘酒のような香りと、おだしの香りがブレンドされて我が鼻へ舞い込んできます。

 

 

酒粕とダシ

酒粕でとろみのついたつゆは初めて見る雰囲気。

このふんわりした優しく甘い香りはまさにこの季節にぴったり。通年看板メニューですが、特に冬は食べたくなりますよね~(*´з`)

 

 

酒粕うどんうまい

えっ、うま!!

香りは酒粕感が強めで、甘酒にも似た感じだったけど、味は逆に甘酒感よりだしの味が出てる!

あったかい。おおきにありがとう。

 

酒粕うどん

とろみが細麺に絡んで大変おいしい。

細麺がもっちりとしていて、食感・のど越しもGOOD!

幸せでやんす。

 

酒粕うどんに七味が合う

卓上にある七味唐辛子や、別皿でついてくるおろし生姜を加えればさらに味の変化も楽しめます。

序盤は優しい味にうっとりまったりほっこり。後半はピリッとスパイスでパンチのあるアクセントをキメにいくのもアリよりの大アリでっせ。

 

やまびこ弁天の店内からの景色が最高

そして何といっても店内から望める景色がまた最高

ビルに囲まれてせまっ苦しく食べるより、自分らはこういう広大な自然の中でのびのびと味わうほうが好みです。

つくばって本当にええとこやな~♡

 

美男美女のご夫妻がめっちゃ暖かい人たち!

 

やまびこ弁天店主ご夫妻

さて、美味しいおうどんを平らげたところで、こちらのお店の方をご紹介!

モデルのようなハンサム&美女のお似合いな入江ご夫妻ですが、奥様がつくば市のこの辺のご出身なんだそう。

それでこちらで京都の味が楽しめることになったのですね~!!奥さんナイスです( *´艸`)♪

 

そして旦那さんはうどん屋さんを営む以前、なんと自動車の開発に携わるお仕事をされていたそうです!

しかし自動車の開発は5年ほどという長い期間をかけて行うもの。自信の開発から、お客様の笑顔が返ってくるまでに時間がかかります。

その点うどんはお客様の反応がすぐに返ってくるので、とってもやりがいを感じているとのこと。

そして大好きなご両親がつくるやまびこ伏見店の味を、関東でも広めるべく修業を経てつくばにやってきました。

 

想いの詰まった一杯、ご賞味ください(゜o゜)!!

 

 

さいごに…

やまびこ弁天、座席のメニューにこのようなものが挟まっていました。

やまびこ弁天新聞

やまびこ弁天新聞」には弁天の情報がたくさん載っており、季節ごとの情報なども。

手作り感満載で非常にグッとくるこちらの新聞、来店の際にはぜひ目を通してみてください!

 

それでは身体も心も思いっきし温まったので今回はこの辺で。それではまたジカイ!

 

やまびこ弁天さんの詳細情報!
営業時間【水~金】
11:30~15:00
17:00~20:00(L.O 20:00)
【土・日・祝】
11:30~20:00(L.O 20:00)
定休日月・火
場所
インスタ@yamabikobenten

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です