堀下さんと飲みに行こう!vol.2本音と裏話

Pocket

おーっす!

コムです!

 

堀下さんと飲みに行って語ってきた動画part2です!

前半では熊本出身の堀下さんがつくばにやってきてコワーキングスペースTsukuba Place Labを拓くに至った話など、普段なかなか聞けないお話を大好きなお酒を片手にインタビューしましたが、

後半ではもう一歩深みに…。

 

勝手につくば大使だって、ラボだって、もちろん私たちは人生で与えられた役割を全うしている実感を持ちながら、楽しかったり、感動したり、日々色んな人からやる気や元気をもらってさらに次に進んでいるのですが、

時には疲れたり傷ついたり、そんなのも日常茶飯事なわけです。

もちろん、更新が途切れたり、フリーペーパーが全然完成しなかったりと、ひたすら自分のせいに尽きるのですが、自分で楽しくてやり始めて続けてきたはずがひょんなことでくじけそうになったりもするんです。

それでも今まで応援してくれた人たちがいるから、「がんばれよ」「いつも見てるよ」といった声が、またもう一歩前に進む勇気をくれて、また楽しく発信活動に勤しめるわけです。

 

「だったら辞めればいいじゃん?」

そう思う人もいることでしょう。それはそれで一つの正解です。いざ死にそうなほどつらくなったら、辞めるが勝ち逃げるが勝ちだと個人的に思います。だって死んだらまた立ち上がれないでしょ!

それでも何度でも立ち上がって活動に全力でやる気を出していくのは、きっと自分でも認知できない心の奥底で本当につくばのことが好きだから、堀下さんなら場づくりが好きだから、また進んでいるんだと思います。

 

正直お金がない、時間がない、そういう理由で活動が長続きしない人はたくさん見てきました。せっかくめっちゃ面白いことを見つけて走り出しても、つらいことがあると簡単にあきらめてしまうものです。それに俺だってお金も時間もありませんwたまに先輩と飲んでて涙しますw

それでも未来のことはあまりよくわからないけど、今自分にしかできないことをやって、それで喜んでくれる人がいるというだけで、生きていることを強く実感できます。

それほどこの町には積もる思い出があります。

 

ときに一人で抱え込んで沈む夜も、人間なんでありますよね。エネルギー全ぶっぱして、帰って打ち上げられた小魚のように眠ることもよくありますw

そんなときに釣り上げてくれる人がいることが幸せです。堀下さんもその一人!

 

もちろん基本的にめっちゃハッピーで楽しい人生を謳歌しているのですが、能天気バカ野郎ではなく、自分で選んだ感情なんです。

大使を始めた当初から堀下さんはひたすら「面白い」「最高だ」「頑張れよ」と丸ごと受け入れてきてくれました!

どれほど勇気をもらったことか。

次は自分が後輩にそういう先輩として声をかけられたらいいなと思っています。

 

・・・長くなりましたが、そしてちょっと暗い?雰囲気になってしまったかもしれませんが、

自分らの人間くさ~~~い一面を、よかったら見てくださいw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です